「倭王 ヤマトの源流」つむぎ書房より出版しました

2021年7月12日に出版しました。

「倭王 ヤマトの源流」斉藤登著 つむぎ出版

皇位を継ぐ者は父方の血筋で辿れば神武天皇に行き着く男系でかつ男子のみとされています。そのため後継候補者がたいへん少なくなっており、こうした男系天皇という伝統を守るべきなのか、いまこそ女系天皇を認めるべき時なのか。大きな関心を呼びメディアでもしばしば議論が取り上げられています。
ただ幾つかの意見・主張を聞いていると疑問がでてきます。
●事実はどうであったのか?
そもそも神武天皇は実在したのか?それは分からないというのが定説のはずだが、血筋の話しになると途端に間違いなく「存在した」として話しが進むのはご都合主義ではないか?
そこで多数ある古墳、その中でも大王墓に着目し、倭国の王統はいつから始まるのか、ヤマト建国者存在の有無、それは誰だったのかを明らかにします。
●根本的な疑問「なぜ男系?」
これは難問です。しかしこの答えがなければこの議論は終わらないはずです。
万世一系とは、古事記・日本書紀の編纂時代の大きな政治課題である「律令制」の成功のために必要な概念です。律令制には唯一特別な存在、絶対的な存在とされる人物がなくてはなりません。その為に神に繋がる正当な人物として「天皇」が描かれました。また苛烈な皇位継承争いもありました。
こうした天皇像に反映されるその時代の要請を紐解くことで謎を究明していきます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク