邪馬台国東遷説を考える

未だに「邪馬台国東遷説」は根強い人気があります。
東遷説とは簡単に言えば、
「北部九州にあった邪馬台国は卑弥呼の時代、若しくは台与に代わる時に今の大和
に遷ってきた」というものです。
この説は考古学からほぼ完全に否定されています。
土器の動きはむしろ逆であり、大和から北部九州へと多くの人々が移り住んだこと
を示しています。
「邪馬台国からヤマト王権へ」 奈良大ブックレット 白石 太一郎他 に詳しく載
っていますので参考にしてください。
では、なぜ未だにこの東遷説に人気があるのでしょうか。
一つは邪馬台国がどこにあるか分からなかった時代が長く続いたことにあります。
江戸時代から続く議論です。
考古学者の議論を聞いていて畿内説にほぼ決まったと言えるのは、2009年に奈良県
桜井市の巻向駅のすぐ近くで卑弥呼の王宮ではないかとされる、日本最大の大型建
物群の跡が発見されたころからです。
まだまだその歴史は新しいものです。
多くの人たちの心の中に「邪馬台国の場所は謎、若しくは北部九州にあった」とす
る図式が染みついていると言っていいでしょう。
またもう一つの固定観念、先入観があります。
神武天皇の登場は卑弥呼の後、つまり先に邪馬台国がありその後大和王権が成立し
たいうものです。
これは日本人の常識とも言えるほどのものです。
事実は違います。
邪馬台(ヤマトと発音)国が大和であったことを認識すれば、所謂「魏志倭人伝」
にある邪馬台国とは大和国のある時代を中国から望遠鏡で覗いて描いたものである
ことが理解できます。
ここは重要なポイントですので、折に触れ説明するつもりです。
もう一つ、見逃せないのは文献史研究です。
資料研究は大きな力となりますが、その力を発揮するのは歴史資料がほとんどない
「空白の4世紀」を過ぎた後、5世紀以後の歴史研究においてでしょう。
3世紀辺りの文献史研究のあり方をみれば、4~500年以上経って書かれた文献
を基に細かい推理を重ね、地名という変化するものを頼りに仮説を組み上げていく
説がほとんどです。
その結果として邪馬台国の東遷説をはじめ、物部氏の祖も北部九州から東遷してき
たという説も浮上しています。
私は古代史(4世紀以前)研究においては、考古学(物証)を第一に捉え、次に文
献史(供述)を取り上げるべきと考えています。
考古学から否定されている一つの国が東遷してきたという幻想は、そろそろ捨て去
る時です。
カテゴリー: 遺跡情報, 邪馬台国, 関連資料 タグ: , , パーマリンク