水内の自然(ポートフォリオ)

長野県にかつてあった水内郡(古くはみぬちごおり)は、平安時代に既にその名が
みられます。この地は自然信仰に厚い地であり、民間信仰最大の寺「善光寺」もこ
こに建立されました。
この自然信仰と仏教の伝来が「古事記」編纂に影響します。
戸隠神社と周辺
戸隠は険しい山の中にあります。
善光寺平(長野盆地)から見れば水をもたらしてくれる場所。
その為に水源地への信仰が生まれ、飯縄の天狗や鬼無里の鬼女伝説など多くの物語
が生まれました。
水内屈指の景勝を誇る伝承の地です。

水豊かな里 飯山
豊かな水、その水を作る山や森、そして水を差配する水分神(みくまりのかみ)
に感謝する信仰が古くからある地です。 
戸隠の雨乞いから始まる竜神信仰とは対照的なもの。 
二つの地、戸隠と飯山を見比べることで、風土が信仰をカタチ作る良い例を知る
ことが出来ます。